府中で子育てを楽しむための情報サイト てくてく府中 タイトルロゴ
 HOME > 遊ぶ・楽しむ > 緑道サイクリングMAP > PhotoPoint!

下河原線広場公園
 
甲州街道沿い、府中ハローワーク裏手にある「下河原線広場公園」。
「下河原線」は、1910年多摩川の砂利を運搬することを目的として「東京砂利鉄道」として開通、1920年から国有の貨物線になり、「下河原線」と名称変更したそうです。東京競馬場へのお客さんを運ぶ客車としても活躍しましたが、武蔵野線の開通により、1976年に廃線したそう。この公園には、駅舎のプラットホームの名残が残っています。
下河原緑道入り口
 
「下河原緑道」は、下川原線跡をいかし、自転車・歩行者専用道として整備されたもの。線路の跡を示す2本のレールが残る場所を探したり、沿道に植えられた四季折々の花についておしゃべりしたり…。サイクリングの楽しみ方がたくさんありそうです。
鹿島坂
 
「鹿島坂」は、大國魂神社の5月の例大祭の「国造奉幣式」という行事で、神馬でこの坂を上って東上し、神へ供え物をするという行事があり、その役を担っていた鹿島田家にちなんで名付けられた坂です。
彫刻「みち」
 
幼い子どもたちが自由に遊びまわっているかのような彫像です。「おさなごたちの無心の姿にたくし、市民生活にうるおいをもたらす、緑道の意義を表現したもの」として、1978年に設置されました。あまりにかわいい姿に通りがかりの人が思わずあげたのでしょうか。みんな帽子をかぶっていました。
下河原通り
 
下河原緑道の終点である「下河原通り交差点」。
「下河原」という名の由縁は、多摩川から低い位置にあるからとか、「中河原」の下手にあるからなど、諸説あるようです。ここまでで下河原緑道はゴール。ほかの道も楽しんでみましょう。
新田川緑道入り口
 
「新田川緑道」は、用水路の上に整備された道で、“にったがわ”ではなく、”しんでんがわ”と読みます。新田川緑道の途中には、府中30景にも選ばれた「ショウブ池」があります。梅雨の季節にはショウブやアヤメが美しいとのこと。府中の自然を肌で感じることができそうな緑道です。
いこいの森
 
「いこいの森」には、府中市民センターの一角にある公園。大きな芝生広場のほか、釣堀やプールなどがあり、奥には、交通遊園も備えた、子どもを遊ばせたるにはピッタリの公園です。サイクリングの途中で、おなかがすいたら、青空の下お弁当を広げてみてもいいのでは?
武蔵台文化センター 武蔵台文化センター 片町文化センター 西府文化センター 住吉文化センター 押立文化センター 是政文化センター 白糸台文化センター 紅葉丘文化センター 中央文化センター 新町文化センター 片町文化センター 西府文化センター 住吉文化センター 是政文化センター 白糸台文化センター 押立文化センター 紅葉丘文化センター 中央文化センター 新町文化センター