府中で子育てを楽しむための情報サイト てくてく府中 タイトルロゴ
 HOME > 薬剤師こーこおばさん通信 > 第33回 重大な副作用 


 
第33回 重大な副作用 
 


 5月末の毎日新聞に「風邪薬 副作用死131人」という記事が載っていましたがご覧になりましたでしょうか。
 
 これは薬の副作用で起きる皮膚障害のうち症状の重い皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)と中毒性表皮壊死症の死亡例で、今年1月までの2年半に厚労省にあった報告をまとめたものです。発症は1505人に上がっています。(未報告の症例もあると思われるので実際はもっと症例が多いはずです)
 
 上記疾患は発疹ややけどのような水ぶくれが唇や眼等の粘膜、全身の皮膚にでき重症化すると多臓器障害などの合併症を起こし死に至ることがあります。発生頻度は100万人に数人ときわめて少ないため、皮膚科医師でも診断がおくれ重症化しやすいということです。4件目の病院でやっと診断がついたが片方が失明してしまい、生活全体がくるってしまったという歯科医の話も載っていました。
 
 原因薬剤のなかに抗生物質、解熱鎮痛薬、抗てんかん薬の症例数が多いということです。これらの薬のいずれかは病院受診の際処方されたことがあるのではないでしょうか。ドラッグストアでも購入できる風邪薬や、胃薬でも発症しています。
 
 副作用と思われる湿疹で受診される時は、内服している薬の内容はすべて医師に伝えましょう。
(お薬手帳には一般薬も自分で記録するクセをつけ受診時医師に提示してください)

 
 『胃の薬だから副作用は無いはず』と自己判断をしたり『かかりつけ医が自分にあった処方をしてくれたのだから副作用があるはずはない』と伝えないでいると医師も診断を誤ります。
 
 私たちはいつこういう副作用に出会わないとも限りません。診断もつかず重症化・・・なんていうことはあってはならないことです。
気軽に薬を飲むことが多いと思いますが、副作用にも軽度なものから命に係わることもあるということを知り自分の身を守るという意識も必要なことではないでしょうか。
≪高熱を伴う発疹はすぐ皮膚科受診!≫ を忘れないでください。
 

                       参考  2012/5/28毎日新聞 


 
                         Writeen by こーこおばさん
                         更新日:2012年7月1日

小学一年生を筆頭に4人のお孫さんがいるとは思えない超アクティブ派。
24年間の病院勤務ののち、現在は薬局で週2日をこなすママチャのアドバイザー。超簡単お料理レシピが大好きという気さくな薬剤師さんです。

 こーこおばさんへのご意見・ご質問・コラムで書いて欲しい内容等がありましたら、こちらからどうぞ。
 
シリーズ目次
  1. くすりとリスク    2009.6.1    
  2. お薬手帳       2009.7.1  
  3. かかりつけ薬局    2009.8.1  
  4. 新型インフルエンザ対策 2009.9.1
  5. インフルエンザ予防接種 2009.10.1
  6. 大衆薬(一般医薬品・市販薬)の利用について1  2009.11.1
  7. 大衆薬(一般医薬品・市販薬)の利用について2  2009.12.1
  8. 乳幼児のかぜ薬(大衆薬)の使用について    2010.1.10
  9. 感染性胃腸炎   2010.2.1
  10. 予防接種を受けましょう2010.3.1
  11. ヒブワクチン   2010.4.5
  12. 子宮頸がんワクチンについて2010.5.1
  13. ジェネリック医薬品に変更したい!        2010.6.1
  14. 新薬とジェネリック医薬品 2010.7.1
  15. 百日咳にご注意   2010.8.1
  16. 処方せんの見方   2010.9.1  
  17. 多剤耐性菌    2010.10.1
  18. 禁煙しませんか  2010.11.1
  19. セルフメディケーション 2010.12.1
  20. アレルギー性鼻炎  2011.1.4
  21. 花粉症      2011.2.1
  22. アレルギー性鼻炎と喘息 2011.3.1
  23. 入院しました。   2011.4.6
  24. 非常時の備え    2011.5.1
  25. 焼肉店で食中毒   2011.6.1
  26. お薬の飲み方(粉薬)  2011.7.1
  27. お薬の飲み方(水剤)  2011.8.1
  28. お薬の飲み方      (錠剤・カプセル剤)   2011.9.1
  29. 毎食後服用とは?  2011.10.1
  30. 副作用      2011.11.1
  31. 呼吸器感染症    2011.12.1
  32. 良くなったら薬を中止してもいい? 2011.12.1
  33. 重大な副作用    2012.7.1
  34. あなたの胃、お元気ですか?2012.10.1
  35. 妊婦さん気を付けて!2013.4.2
 番外編.こーこおばさん手術する!
    2011.7.1